東京の賃貸入居時にはカギの交換費用の内訳をチェック

賃貸物件で入居者が入れ替わる時には、セキュリティのためにカギの交換を行うのが一般的です。
つまり、前の入居者の人がカギを不動産店に返却しないでそのまま持っていても入れないようにするためです。
このカギ交換にかかる費用は、入居にまつわる初期費用として組み込まれていることが多いようです。
家主側が交換にかかる費用を負担するケースもありますが稀で、借主つまり新しく入居する人が費用を負担するのが一般的となっています。
さてこのカギの交換ですが、交換の方法にもいくつかやり方があります。
専門の業者に依頼すると玄関ドアのシリンダーごと交換してくれるのでセキュリティの点では安心できます。
こういった専門業者に依頼するケースですと、費用は数千円から10000円前後かかることが多いです。
もちろんカギの種類によってこの相場は変わります。
一方、不動産業者の担当が簡便な方法でカギの交換をする場合もあります。
さらに、入居者に対してカギ交換の希望について確認をしてくるケースもあります。
希望があれば交換し、費用を支払うということです。
この場合、全員が交換を希望する必要はないわけですが、やはり安心のために交換しておきたいところです。
前の住人の合鍵を誰かが持っている、空室になってから自分が入居する現在までの間に、部屋のカギが内覧用として貸し出されていた、など心配するときりがないからです。
カギ交換しないで後で心配になったり後悔するよりは思い切って交換して新しい生活を始めたいものです。
さらに、ホームセンターなどにはカギ交換アイテムもいろいろ売っていますので安心のために入居してから自分でカギを替えたり二重に付けたりするのも方法のひとつです。
そんなわけで、賃貸物件に入れ替わりで入居する時には内装の手入れなどについていろいろ不動産の仲介業者と相談をすると思いますが、そんな時にはカギのことも思い出して確認しておくことをおすすめします。
そして、可能であればカギの交換方法や費用の内訳をチェックし業者からの請求書か領収書を取り寄せておければ安心できます。