カギの交換や選択は、将来への備えです。

東京は、地方からの上京者を含め、たくさんの人が暮らす大都会です。
隣近所にどんな人が住んでいるのか分からない、物騒なところでもあります。
当然、犯罪の件数も群を抜いていることでしょう。
近年では、カギ穴に特殊工具を差し入れて解錠するピッキング犯罪も流行りました。
簡単にカギを開けて侵入することができるため、犯罪件数が一時飛躍的に増加したのです。
ところが近頃は、この犯罪が減って来たと聞きます。
警視庁の統計を見ても、家人が不在時の空き巣の数はグッと減少しています。
理由は、ピッキング犯罪を防止するカギに交換した家が多くなったことでしょうか。
空き巣の数が減りはじめたのも、ちょうどこのカギが世の中に浸透してきたのと時期も符合しています。
防犯意識が高まって来たこともありますが、このカギの存在は見過ごせません。
ピッキング犯罪が減少し出してすぐに、今度はドアの内側のつまみを回して開けるサムターン回しも流行りました。
しかし、すぐにこのサムターン回しに対応するカギも登場し、交換する住まいも増えています。
つまり、これまでは高度な侵入手口の空き巣にやられ放題だったのが、カギの防犯性能がそれを上回るようになっていった経緯が浮かび上がるのです。
まるで、空き巣とカギのメーカーとのいたちごっこのようにも見えますが、空き巣件数が減っているところを見ると、ここ東京では、カギのメーカーの対策が勝っているのでしょう。
もし、まだ対策が不十分なのであれば、この結果を見ても明らかな通り、すぐに対策を講じるか、或いは始めから対策をしている住まいを選ぶことが賢明です。
見知らぬ人ばかりの中で暮らすわけですから、“カギ”という現代の柵を築くのは責務でしょう。
また、昨今では、さらに高度な手口を働く空き巣もいるようですし、玄関ドアだけではなく、窓からの侵入が主流になっているようです。
こうした犯罪を未然に防ぐためにも、予め専門のカギ屋さんに相談するのもよさそうです。