防犯の要のカギを交換

ピッキングという言葉をよくニュースで耳にしたことがあります。
ニュースでピッキングの手口を見た時は、プロの手にかかればカギなんてこんなに簡単に開くものなのかと衝撃的でした。
東京でピッキング被害が多いと聞いても、だからうちでも何かしないととまでは思いませんでした。
ところが空き巣に入られて、しかも空き巣が強盗に早変わりしてしまい、悲惨な事件になったというニュースをいくつか見て考えが変わりました。
日本は外国よりも安全だという意識があったのですが、そんな安全神話というのは東京ではなくなってしまった気がします。
安全というものはタダでは手に入らない時代になってしまったんですね。
東京でも外国と同じようにセキュリティにお金をかける時代なんでしょう。
セキュリティにはお金がかかるといいますが、いったいどんなところにお金をかければいいのでしょうか。
まず泥棒の侵入口になる可能性のある、ドアや窓のカギを防犯性の高いものに交換することでしょう。
ある調査によるとカギが5分以内に開かないと、大半の泥棒が侵入を諦めるそうです。
ということはどんなことがあっても5分以上かけないと開かない、そんなカギに交換すればいいということになります。
いまは頑丈で防犯対策がされているカギもたくさんあるそうです。
それに補助錠などを取り付ければ、確実にカギを開けるのに5分以上はかかるでしょう。
泥棒とカギはまるでイタチゴッコのようですが、カギがより進化しているのは確かなようです。
東京は安全ではなくなったと嘆く前に、カギを交換して防犯対策をしたいと思います。
わずかな費用でカギの交換はできるわけですし、東京ならカギの交換を請け負っているところはたくさんあります。
インターネットでカギ屋さんを探すのも簡単です。
うちの防犯はどうなのだろう、もっと安心できるカギに変えたいという時は、インターネットで情報をさがしてみるのもいいと思います。
誰も自分の安全のことを考えてくれるわけではないのですから、自分で防犯対策をするしかないでしょう。